No.013

アーティスト名:木村 光佑(Kousuke Kimura)/神代 廉(Ren Cozillo)
タイトル:師弟展「in front of the GATE」
開催時期:2022.10.06-10.11

pipes&cableー_cozillo.jpg
アウト・オブ・タイム 81-1S_kimura.jpg
st.pancras_cozillo.jpg

Concept​

 世界的な版画家・造形作家の木村光佑の作品制作を長年サポートしてきた神代廉が、木村の作品に通じると感じた実在の光景を元に作品を制作。木村の作品と共に展示する。

 

 学生時代から木村光佑氏の制作アシスタントをしてきました。

 その過程で、過去の作品にも触れることも多く、自分なりに木村先生の作品を理解し、そして憧れていました。

 昔、ロンドンを訪れて地下鉄に乗った時に、ホームの向かいのレンガ造りの壁に沢山のパイプやケーブルが貼りついている様子が何とも面白く、ホームに三脚を立てて夢中で写真を撮りました。撮りためた写真が木村先生の『アウト・オブ・タイム』という一連の作品にどこか似ていると気づいたのは日本に帰ってからでした。そして出来たのが『pipes & cables』です。

 イギリス、フランス、ドイツ、ルーマニア、アメリカや東京、そして大阪で撮影した写真をもとに製作した作品を展示します。また木村光佑氏の貴重な作品も同時に展示いたします。

 タイトルの『in front of the GATE』は“門前”の意味です。

 このような作品展を開くことができ大変嬉しく光栄に思います。           神代 廉

Profile

 

木村 光佑(きむら こうすけ)

 

1936年生まれ。

京都市立美術大学(現、芸術大学)日本画科卒業後、広告代理店に勤務。退社後、フリーのアーティストとして創作活動に入る。

日本をはじめアメリカ・イギリス・ポーランド・韓国・スロベニア(旧ユーゴ)・ノルウェーなどの国際美術展大賞など受賞。

国内外に数多くの壁画・モニュメント・緞帳等を制作。

京都工芸繊維大学の学長時代は、「芸術と科学の融合」を提唱し、国立大学改革に努めた。現在は、創作を通して、見えない部分の存在・物の向こう側に何があるのかを追求し、芸術・文化と異分野の融合をテーマとしている。

1999年紫綬褒章受章

京都工芸繊維大学名誉教授・第9代学長

 

 

 

 

神代 廉(こうじろ れん)

 

1969年生まれ

 京都工芸繊維大学造形工学科卒。

 在学中より木村光佑氏に師事。

 同大大学院博士前期過程終了後も木村氏の制作アシスタントを務める傍ら、グラフィックデザイナーとしても活動。

 北村龍平監督作品・長渕剛『桜島』DVDジャケットデザインを始め、様々な映像作品のポスター、パンフレット等を手掛ける。

全国高校野球選手権大会ポスター用原画コンクール(朝日新聞社主催)審査員(2011〜2013)

アウト・オブ・タイム-81・3S_kimura.jpg